末端冷え性はしっかりした予防と対策が必要
末端冷え性って本当につらいです。手足の先が氷のように冷たくなって、ひどくなると痛みさえ感じます。末端冷え性を治すには、日頃から循環を良くするような対策が必要です。手や足先の循環が良くなれば自然と症状も改善していきますが、通常の生活ではなかなか克服することができません。しっかりした予防と対策をして、末端冷え性を克服して解消していきましょうね。
Top 冷え性のための食生活 ; > 冷え性に良い食べ物

冷え性に良い食べ物

末端冷え性なのに、何も考えず好きなものを食べているなんてことはありませんか?
夏は暑いからといって、冷たい物ばかり飲んだり食べたり、なんてことはないですよね。
冬でも、暖かいものならば大丈夫と、食材の特徴を考えず、体を冷やす作用のある飲み物や食べ物をとっているなんてことは・・・。

「そんなこと、いちいち考えて食べてらんないよ〜。」なんて思いませんでした?


でも、冷たい食べ物や飲み物は体を直接冷やすし、体を冷やす作用のある食べ物も、どちらも摂り過ぎてしまうと冷え性の原因となります。
分かっていそうでできないのが食べ物ですよね。
「冷えより食い気?」って、自分じゃん。。。orz

と、冗談はさておき、体を温める食べ物を知って、上手に摂取することが冷え性には大切なことになります。
ここでは、冷え性の予防・改善につながる、体を温める食べ物と体を冷やす食べ物、そしてビタミンEを多く含む食べ物をご紹介しますね。


●体を温める食べ物
 ショウガ、ニンニク、ネギ、根菜類(ゴボウ、ニンジン、山芋、レンコンなど)、味噌、しょうゆ、塩、など。
根のもの、発酵したもの、土を連想するようなものが多いですね。

●体を冷やす食べ物
 砂糖、牛乳、夏野菜や暖かい地方で採れる野菜(トマト、ナス、きゅうり、レタスなど)、酢、スナック菓子、アイスクリーム、清涼飲料水、など。
採れる地域を見ると、大方想像が付きますよね。
コーヒーや緑茶なんかも、温かくしても体を冷やす作用があるので、飲み過ぎは禁物ですよ。

●ビタミンEの多い食べ物
 カボチャ、アボガド、うなぎ、ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ、松の実など)
ビタミンEは血行を促進するという働きがあるんですね。
ですから、冷え性には強い味方の食べ物です。
冷え性予防に、ビタミンEを含む食品を適度に毎日の食事に取り入れるといいと思いますよ。


ただ、体を冷やすものは「冷え性の人は摂ってはいけない」と思いがちですが、そうではありません。
やはり、いくら体を冷やす作用がると言っても栄養のバランスは大切です。
牛乳を飲まなかったり、夏野菜を食べなかったりすると栄養が偏ってしまいますからね。

牛乳は温めて飲んだり、野菜は温野菜にするなどするだけで違ってきます。
体を冷やす食べ物を摂るときは体を温める食べ物も組み合わせたり、体を温める食材を中心にして体を冷やす作用があるものを取り入れたり、工夫をして摂るように心がけることが末端冷え性の改善につながります。

ぜひ、冷え症だからと言って我慢ばかりするのではなく、美味しく楽しいバランスのとれた食事をして、末端冷え性を克服してくださいね。
簡単ダイエット 冷房病の予防法 疲労回復のカギ スキンケア肌美人 自分でできる肩こり解消法
 
Copyright (C) 2008 末端冷え性を克服法しよう! All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。