末端冷え性はしっかりした予防と対策が必要
末端冷え性って本当につらいです。手足の先が氷のように冷たくなって、ひどくなると痛みさえ感じます。末端冷え性を治すには、日頃から循環を良くするような対策が必要です。手や足先の循環が良くなれば自然と症状も改善していきますが、通常の生活ではなかなか克服することができません。しっかりした予防と対策をして、末端冷え性を克服して解消していきましょうね。
Top 冷え性の症状と原因 ; > 睡眠との関係

睡眠との関係

末端冷え性と眠りには、とても深い関係があります。
冷え性の人は、体温の調節がうまくできないので、寝付きにくくなります。

これは、冷え性で手足が冷たく寝付けないということだけでなく、冷え性のために体の体温調節が上手にできなくなるために起こります。
ここでは、この末端冷え性の人が体温調節を上手にできない理由について紹介します。


人の体の体温は、朝低く、寝起きとともに上昇し、そして夜になると就寝に向って下がってきます。
このリズムが崩れると、寝付きにくくなったり、眠りが浅くなったり、あるいは不眠症になるなど、睡眠障害に陥りやすくなります。
要は、体内時計のリズムが崩れた状態ですね。

実はこの作用、眠っている間に脳を休ませるための機能なんです。
体温を下げることで基礎代謝を抑制して脳を休ませる、これを自然と体が行っているんですね。
やっぱ、体ってすごいです。


しかし、この作用が冷え性の人にはうまく行えません。

どういうことかと言うと、体温を下げるためには熱を放散しなければなりません。
熱を放散させるためには、皮膚の表面の血管を拡張して放熱しやすくします。
ここで末端冷え性の人の体は血液の循環が悪く、血管がうまく広がらないので熱放散がされません。

これが、体温調節をうまくできない理由です。
それで、冷え性の人は夜になっても体温が下がりにくく、眠りにつきにくくなるというわけですね。


ではどうすればいいのか?

末端冷え性の改善には、体温調節を上手にすることが大切だということが理解してもらえたと思います。
そう、皮膚表面の末端の血管が広がりやすい、つまり温かい環境を作ってあげればいいんですね。
寝る前まで、部屋の温度を調節しておいてあげると効果的です。
そのための温度設定は、18℃〜23℃くらいです。

寒過ぎても暖か過ぎてもいけません。
寒いから温かい方がいいような気もしますが、あまり高い温度だと、逆に体温の低下が阻害されてしまうといったことになってしまいます。
ちょっと、難しいですか?

暑すぎず、寒過ぎずです。^^

上手に調節して快適な睡眠をとれるようになってくださいね。

あ、そうそう、寝る前には必ず暖房は消しましょうね。
「寒いから一晩中つけておく」なんてことはないように。^^;
簡単ダイエット 冷房病の予防法 疲労回復のカギ スキンケア肌美人 自分でできる肩こり解消法
 
Copyright (C) 2008 末端冷え性を克服法しよう! All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。