末端冷え性はしっかりした予防と対策が必要
末端冷え性って本当につらいです。手足の先が氷のように冷たくなって、ひどくなると痛みさえ感じます。末端冷え性を治すには、日頃から循環を良くするような対策が必要です。手や足先の循環が良くなれば自然と症状も改善していきますが、通常の生活ではなかなか克服することができません。しっかりした予防と対策をして、末端冷え性を克服して解消していきましょうね。
Top 冷え性の症状と原因 ; > 何で女性に多いの?

何で女性に多いの?

末端冷え性で悩んでいる方のほとんどが女性です。
もちろん男性でも冷え性に悩んでいる方はいますが、圧倒的に女性の方が多いですよね。
でも何で女性に冷え性が多いんでしょうね。
ここでは、女性に冷え性が多い理由について考えてみたいと思います。


●女性ホルモン
冷え性が女性に多い理由の一つは、冷え性が女性ホルモンの乱れに関係しているからです。
女性ホルモンは、毎月生理の時期に大きく変化します。
また、妊娠中や更年期の時も女性ホルモンの分泌の変化が大きくなります。
これらの時期の女性ホルモンの乱れが冷えに関係してくるので、これが男性と女性の冷え性になりやすい条件の大きな違いです。

末端冷え性は、自律神経の調節がうまくいかないときに起こります。
この自律神経に影響を与えるのが、ストレスや疲労ばかりでなく、女性ホルモンの乱れも大きくかかわります。


●筋肉量
女性は男性に比べ筋肉の量が少ない方がほとんどです。
基本的に男性の方が筋肉量が多いので、熱産生がしやすく体が冷えにくくなっています。
女性や子供、お年寄りが冷房に弱いのも、筋肉量が関係しています。
(子どもとお年寄りの場合は、体温調節機能が弱いということもありますが・・・。)


●無理なダイエット
次に、女性に多いのが無理なダイエットです。
女性の方は男性に比べ、ダイエットをする方が多いですよね。
もちろん男性でもダイエットをしている方は多くいますが、そのダイエットの内容は圧倒的に女性の方が体に負担をかけるダイエットをしている方が多いようです。

食事制限などの無理なダイエットをすると、月経不順を招くことがあります。
そうすると、ホルモンバランスが大きく崩れてしまいますから冷え性になりやすくなってしまうんですね。


●貧血
女性の方は毎月の生理などで貧血になりやすくなっています。
特に妊娠中は、赤ちゃんに栄養分を摂られますからね、余計に貧血になりやすくなります。
鉄分の摂取が十分でないと貧血になります。
貧血になると、血液を全身に行き渡らなくなりますから、冷え性になりやすくなるわけです。


このように女性の方は、男性に比べ冷え性になりやすい要素がいくつもあります。
しっかり栄養バランスを考えて末端冷え性対策をしてくださいね。
簡単ダイエット 冷房病の予防法 疲労回復のカギ スキンケア肌美人 自分でできる肩こり解消法
 
Copyright (C) 2008 末端冷え性を克服法しよう! All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。